シーンや、年齢にあった景品選びが大切

>

年齢で違うもらってうれしい商品

みんながもらえるプチギフト

景品にかける予算が確定して、余裕のある計算になっていれば、参加者全員が何かもらえるプチギフトを用意するのもいいと思います。
ゲームに参加したのに何も景品がなく、寂しく手ぶらで帰る人たちや、小さな子供などにもおすすめです。
プチギフトなら、300円以下の物がたくさんあります。
メッセージ付きのキャンディだったり、熨斗付き扇子、スプーンや、石鹸なども種類豊富にあります。
プチギフト商品には、さまざまな由来があるそうです。
スプーンには、幸せをすくいとる、箸は幸せの橋渡し、クッキーやフルーツには繁栄などの意味が込められているそうです。
景品を参加者全員に渡すことは無理でも、一人一人に感謝の気持ちを込めてプチギフトを渡すのもいいかもしれません。

景品はゲストに選んでもらうのが一番

ビンゴなどの景品で、一位をとったものの、二位の景品のほうがよかったなということありませんか?
ふつう、ビンゴなどは、一位の景品から順番に当たった人へプレゼントとなるため、早くあがっても欲しい商品がもらえるとは限りません。
自分が持っているものとかぶってしまったりしたら、ちょっと損した気分にさえなります。
そんな問題を解決する方法があります。
それは、ゲストに商品を選んでもらうことです。
景品に順位を付けることはせず、あがった人から順に景品を選んでいく方式です。
そうすれば、自分が欲しかった景品を必ず手に入れる事が出来ますよね。
他にも、自分の好きな商品にあらかじめ投票しておいて、くじ引きをする方法もあるようです。


この記事をシェアする
B!